不妊治療における周期別鍼灸治療の役割

鍼灸治療では、鍼やお灸の刺激により、自らの力でホルモン分泌など自律神経の調整することで、妊娠する力を高めます。

1.内膜の再生を促す(月経期)
内膜が厚くても生理の出血が少ない場合には、内膜がうまく剥がれずに古くてかたい内膜になっている可能性があります。生理期に治療をすることで内膜をしっかり排出(デトックス)する手助けをします。

2.ホルモンバランスを調整する(低温期)
鍼灸治療では、この時期「卵胞の成長」と「内膜の肥厚」を助けます。
低温期は、栄養(潤い)が必要な時期。卵胞の発育を助けることで排卵後の高温期にもいい影響を及ぼし、その結果基礎体温が整い低温層と高温層の2層をしっかりと作るきっかけとなります。
また、内膜に厚みがあっても質のいい状態でなければ着床しにくくなるため、フカフカでピノポードの整った着床しやすい内膜を目指します。

3.排卵を促す(排卵期)
排卵障害の場合、排卵期前後に治療を施すことにより排卵を促します。
この時期にダラダラと基礎体温が上がったり、うまく排卵ができていないようでしたら、しっかり治療した方がよいかもしれません。

4.着床を促す(着床鍼)
排卵後受精し着床する時期です、この時期は子宮内血流がとても大事になります
ここでしっかり骨盤内の血流を促進し、子宮内血流を上げることで受精卵が子宮に着床しやすくします。
タイミング療法、人工授精、体外受精など、それぞれ治療時期が異なりますので、
詳しくはスタッフにご相談ください。

5.高温を維持する(高温期)
この時期は高温期を維持する時期です。高温を維持する、すなわち妊娠を維持する事にもつながりますので、高温期が10日以上維持できない、全体的に低いなど(黄体機能不全)であれば治療をお勧めします。
また、低温期が安定していなければ、あわせての治療を提案させて頂くこともあります。

鍼灸治療はどの時期からでもスタートすることが出来ます。上記のように周期に合わせて治療を受けることをお勧めする場合もありますが、患者様の生活や状態に合わせてご提案もできますので、まずはご相談ください。

中医学から見た不妊治療

不妊治療と五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中でも関係の深いものは肝・脾・腎の3つです。
例えば…

「肝」は、気血を巡らせる働き・自律神経・ストレスとも関係があります。
この働きが乱れると血液の巡りが悪くなって骨盤内(卵巣・子宮など)への十分な栄養が行かずに、ホルモンの効きも悪くなります。また、血液は体温とも関係があるため冷えにつながることもあます。常にストレスを感じてイライラ鬱々している方も血流を悪くさせているかもしれません。

「脾」は、食べたものを栄養・吸収します。
この働きが乱れると消化吸収の働きが落ち、必要なところに栄養を与えることが出来ません。
食が細い、食べてもすぐ下す、下痢・軟便・お腹が冷えているなどこういった症状はありませんか?
胃腸を整えることは妊娠しやすい体づくりには必要不可欠です。

「腎」は一番生殖に関係があり、成長や発育、いわゆる老化とも関係が深いです。
生殖機能そのものを担っているため、この働きが低下しているということは卵巣や子宮の働き・パワー、ホルモン分泌機能が低下しているという事でもあるのです。
今持っている生殖機能を最大限まで引き上げ、妊娠のみならず、安胎・産後の肥立ちとも大きく関わります。

この3つは鍼灸治療の中で非常に重要な部分であり、それぞれの体質や周期に合わせ治療を行います。病院の治療との併用も可能です。

実際に鍼灸院爽快館をご利用されて妊娠された方の声はこちら