誠心堂式三焦調整法

誠心堂の妊活の理論と臨床から作られた誠心堂オリジナルの鍼灸法です。

早く子供が欲しい、卵巣機能低下(AMHが低い)、体外受精がうまくいかない、着床がうまくいかない。 など、妊活での悩みにアプローチしていきます。妊活鍼灸「誠心堂式三焦調整法」とは体を3つのパーツに分け、上焦(肺・心)中焦(肝・脾)下焦(腎)のバランスを整えることで妊娠のための体を作る方法です。

特に、現代人の抱えるストレス調整や婦人科や男科の疾患には有効です。

現代人はストレスや睡眠不足、交感神経緊張、運動不足、冷たいもので胃腸を冷やすことが多くあります。これらはお腹の血流を低下させ、頭部(脳)を充血させます。その結果一番血流が届いてほしい卵巣や子宮、精巣に血流が流れにくくなってしまいます。もともと、卵巣や子宮に流れる動脈は細く飲食物や外界温度により冷やされやすく不妊の原因となります。安定した血流を供給し続けることが妊娠しやすい体を作ることに繋がっていくのです。

三焦調整法では身体にある血液分布を下焦(骨盤内臓器:子宮・卵巣)に多くするための治療法です。このためには頭部治療により全身(頭、胸部・腹部・下腹部下肢の3つのブロック)の調整を行い、巡りをよくします。また、耳にお灸を行い直接頭部の血流を刺激し、より全身に血流が流れやすくしていきます。そして背中のツボは神経を介して直接下焦(子宮や卵巣、精巣)に働きかけることができ、全身調整をしながら腹部や腰部、下肢などのツボを調整していき、頭部に上っていた血流を下焦(子宮や卵巣、精巣)へと送ります。頭部治療だけでなく手足や腹部・背中のツボを調整することで効果が持続しやすくしていくのです。

下焦(子宮や卵巣、精巣)の血流量を増やすことで、質の良い卵子や精子を作り、子宮内膜を厚くします。この治療法の導入や漢方薬との併用により、今まで卵が育たなかった40代女性の多くに効果が出てきました。そのおかげもあり、35歳以上30%、40代前半20%、さらには46歳の方にまで子宝が恵まれたのです。

 

妊活の現場で30年以上、実際に臨床に出て培った確かな臨床実績と中医理論に基づいて西野先生が考案した「誠心堂式三焦調整法」。妊娠しやすい体をつくり、一日でも早く元気で丈夫な赤ちゃんを授かれるようサポートしていきます。



2019年10月22日妊活実績発表・三焦調整鍼法講演 in台湾台北市 愛群中西病院


台湾台北市の愛群中西病院にて、誠心堂薬局の妊活実績発表や鍼灸の三焦調整針法について講演してまいりました.

「誠心堂式三焦調整法」に関する商標について

「三焦調整針法」「三焦調整整体法」「三焦調整漢方療法」「三焦調整薬膳」は株式会社誠心堂薬局の登録商標です。 無断で使用および商用利用することはできません。商標を無断で販促に使用した場合、すべて商標権の侵害になります。 「三焦調整法」という文字、ロゴを使いたい方は、商標及び著作物使用許諾契約を結んでください。


認定元:中国漢方普及協会



認定証

鍼灸院爽快館は全店、中国漢方普及協会が定める「誠心堂式三焦調整法」の治療施設として、その基準を満たした施設であることを認められ、認定証を認定店店頭に掲示しております。店頭でご確認ください。