不妊症と子宮内膜症

子どもを産み育てる世代の女性の5~10%は子宮内膜症とも!

子宮内膜症は出産年齢が高くなった現在は、増加傾向にあり、10人に1人が抱えていると言われるほど身近な病気です。


子宮内膜症は不妊の原因にもなるといわれています。 子宮内膜症の患者のうち約半数の女性が不妊症で悩んでいました(JEMA調査)。ただ、子宮内膜症と不妊の関係は難しく、原因結果の議論はハッキリしません。最近では、 子宮内膜症になる様々な要因不妊になる様々な要因とは似ている部分が多く、この2つの状態は併発していると考えるようになってきています。
子宮内膜症の癒着のために卵巣と卵管の動きが低下して不妊になるというのは明らかですが、そういう物理的要因だけでなく、子宮内膜症の病変がさまざまなサイトカイン(人間の身体には必要なもので誰にもある)という化学物質のバランスを崩しているという、化学的要因も卵子や精子、受精卵の質への影響しているようです。

子宮内膜症は、本来子宮の内側にある「子宮内膜」という組織が、子宮の内膜以外にできてしまう病気です。体内に溜まった血液などが炎症を起こし嚢腫が出来たり、臓器と癒着したりして痛みを生じます。

子宮内膜症患者のうち、月経痛は88%もの人に見られ、月経時以外の下腹部痛は72%、腰痛は57%、性交痛57%、排便痛39%と疼痛症状が高頻度です。その他、月経異常(月経過多、不正出血など)、疲れやすいなどがあります。
発生部位によって「腹膜子宮内膜症」「チョコレート脳腫」「子宮腺筋症」などに分かれます。

腹膜子宮内膜症(腹膜病変)

腹膜や臓器の表面に発生する最も基本的な子宮内膜症で、腹膜病変とも言われ、内膜症の女性なら必ずこれがあります。病変の大きさはミリメートル規模で、パラパラと散らばっており、癒着しやすいようです。活動性のある病変がかなり痛くて、白っぽく線維化した古い病変はあまり痛くないと言われています。表面的には何の変化も見られない若い病変もあります。 腹膜子宮内膜症は、手術でお腹の中を実際に見ないと画像では診断できません。

卵巣チョコレート嚢胞

卵巣の内部に発生する子宮内膜症で、病巣が袋をつくり、その中に血液が溜まっていくものです。卵巣全体が10センチも大きくなることがある一方、5~6センチで破裂してしまうこともあります(激痛を起こす)。1個の卵巣には1個だけ発生することが多いですが、中には複数発生する場合もあります(多房性)。卵巣チョコレート嚢胞はあまり痛くないと言われていますが、周囲との癒着との程度が強いと痛むようです。また、卵巣チョコレート嚢胞しかない人は少なく、たいていは腹膜病変も共存しています。 現在、これが最も多く診断され、最も多く治療されている子宮内膜症です

子宮腺筋症

子宮筋層内に発生します。部分的に盛り上がるものと(後壁が多い)、子宮筋層全体にベタベタに入り込んで広がり、子宮がだんだん大きくなってしまうものがあります。また、子宮の大きさはさほどになっていなくても、筋層内には病変が発達している場合もあります。腺筋症があっても痛くないものも結構あるようですが、なかには月経痛が強いこともありあます。月経量も多くなる場合があり、知らぬまに慢性の貧血になっていることがあります。

治療を選択する場合の最重要ポイント

子宮内膜症の治療メニューはたくさんありますが、医学的に再発の時間を最もかせぐことができるのは的確な保存手術(腹腔鏡がのぞましい)であり、欧米の医療では腹腔鏡下手術(兼診断)が薬物治療より以前の第1選択です。 薬物治療は何をどう使っても、子宮内膜症を短期に一時的に緩和するだけです(薬剤を使って排卵を止めている期間と、終了後に排卵が戻ってくるまでの期間)。 子宮内膜症は慢性疾患ですから、それをもつ女性の長い人生を考えた計画が必要です。

子宮内膜症の治療法

「手術療法」

・「卵巣を残す保存療法」 腹腔鏡や開腹で病巣だけを切除および焼きます。保存療法は再発の可能性があるため、術後も薬物療法の検討が必要です。チョコレート嚢腫は40歳以降に悪性化(卵巣がん)することがありますので注意が必要です。

・「根治(完全に治す)手術」 子宮卵巣を摘出して、閉経状態になります。再発の可能性はありませんが、その後、更年期症状のケアや脂質異常症(高脂血症)、骨粗鬆症などの予防が必要になります。

「薬物療法」

・ホルモン療法のGnRHアナログは、偽閉経状態にするため治療効果は期待できますが、更年期症状や骨量の減少などの問題があります。

・低用量ピル(OC)による治療は、効果は劣るものの、疼痛に関しては効果を示します。内膜症病巣の増殖を抑制するといわれています。

・不妊医療の中で行われる積極的な不妊治療、特に、注射タイプの排卵誘発は、子宮内膜症を悪化させる可能性が大きいです。また、手術は開腹でも腹腔鏡でも、病状によって、医療者の技術によって、卵巣の機能低下や新たな癒着による問題をつくる可能性があります。不妊状態と子宮内膜症を両方抱えている人は、慎重に医療を選択する必要があります。

・不妊医療の中で行われる積極的な不妊治療、特に、注射タイプの排卵誘発は、子宮内膜症を悪化させる可能性が大きいです。また、手術は開腹でも腹腔鏡でも、病状によって、医療者の技術によって、卵巣の機能低下や新たな癒着による問題をつくる可能性があります。不妊状態と子宮内膜症を両方抱えている人は、慎重に医療を選択する必要があります。

中医学で考える子宮内膜症

中医学では子宮内膜症の主な要因を 瘀血(血の滞り)と考えます。
そのため、停滞した血の巡りを良くすることが基本治療になります。 瘀血を招く「気の停滞」「体の冷え」「体内の気血不足」なども体質に合わせて改善していきます。


子宮内膜症の鍼灸治療

鍼灸治療で血流循環の悪くなったことにより生じる瘀血を取り除き、腹部や腰部などに鍼や灸をすることにより、血流を良くし、腹部を温め、冷えを取り除きます。気血を補い、気の巡りを良くしホルモンバランスを整え、症状を軽減させていきます。

お腹(主に下腹)・腰・骨盤には子宮や卵巣の血管や神経が集まります。そこのツボに鍼やお灸で刺激をすることで子宮や卵巣の血流にアプローチできます。生理前や生理中はぜひ鍼灸治療を受けてほしい時期です。

頭や頸の後ろにも鍼をして、頭の下垂体からのホルモンの分泌を促し、子宮や卵巣に関係するホルモンの調整を行います。 また、頸、背中、骨盤のツボを刺激することで交感神経と副交感神経のバランスを整えることでリラックスし痛みの緩和につながります

足もふくらはぎやすねの内側に鍼やお灸をします。第2の心臓であるふくらはぎや足を刺激することで静脈血の心臓へのもどりを促すことで、全身の血流に影響を与えます。また子宮や卵巣につながる経絡や神経・血管を刺激して子宮・卵巣の働き促します。

子宮内膜症には強い活血(血流を良くする)が必要な時もあるので、低周波治療器(電気パルス)や吸い玉(カッピング)も併用することがあります。

おすすめのツボ

三陰交関元腎兪・次髎など

タイプ別治療 1. 気の停滞: 気の流れが滞りその結果として血が滞る ストレスタイプ。

内関太衝など
血と気の巡りと深くかかわる臓器に「肝」があります。肝は気や血流、月経周期を調節する働きもあります。過剰なストレスを受けて肝の機能が低下すると、気の巡りが停滞し、結果、瘀血が生じやすくなります。
月経前症候、月経時の腹部の張り、怒りっぽい、憂鬱感、など

タイプ別治療 2. 身体の冷え: 寒邪(冷え)が身体に侵入し血が滞る。冷え症やイプ。

体内を巡る血は冷えると固まり、温めると流れる性質があります。そのため、冬の寒さやクーラーの冷え、冷たい飲食などで身体が冷えると、血の流れが停滞し瘀血を招きます。 生理前や生理時の下腹部の冷えや痛み、経血に黒い血塊がある、経血の色が暗い、 お灸を多めに使い身体全身を温めます。背骨にするお灸「督脈通用法」もお勧めです

タイプ別治療 3. 気血不足: 気血が不足しエネルギー不足タイプ

足三里合谷など
身体の気血が消耗すると、血を押し流す気の力が弱くなり血流は滞りがちに。また、血管内に十分な血がない為、血流をスムーズに保てなく、血も滞り瘀血を招きます。 月経周期が長い、経血の質が淡い、食欲不振、疲労感、めまい、脱毛 お灸を使い、お腹や足・腰の元気が出るツボを使います

子宮環境とホルモンバランス・体質に合わせた爽快館の鍼灸治療は症状の緩和・回復の早期化を実現します。腹腔動脈の血流が促進され、子宮への血流が増え、傷ついた子宮組織が修復しやすくなるのです。

※暮らしのアドバイス

  • ストレスはこまめに発散して、特に月経前はイライラしない工夫をしましょう。
  • 温かい飲食、服装を心がけ、身体を冷やさないようにしましょう。
  • 月経時はお腹・腰回り・足をしっかり温めましょう。月経あとは体力を補い、身体を温める食事をとりましょう。
  • 毎日の入浴を習慣にして、冷えや血行不良を改善し、心も体もリフレッシュしましょう。入浴剤もおすすめです。

 中医学の対処は、子宮内膜症の進行・再発の予防、痛みの緩和につながります。症状によってはホルモン療法や手術も必要になるので、医師の診察をうけ、西洋医学と中医学で体質や症状にに合った適切な対処をしましょう。
日本子宮内膜症協会 http://www.jemanet.org/index.php(JEMA)


 ◆三陰交(saninkou)

内くるぶしから骨際に指4本分上のくぼみが三陰交です。とても万能なツボで、女性に特におすすめのツボです。
冷えが気になる方にも効果的です!


 ◆関元(kangen)

別名丹田ともいい、生命活動の源ともいわれています。腹式呼吸でも意識する部分ですね。体力の回復や冷え性・便秘にも効果的です。
臍(ヘソ)の上に親指以外の4本を添えて、垂直に下りた所にあります。仰向けで中指を重ねてやさしく押しましょう。5~10秒ゆっくり押して離すを5セットやると効果的です。


 ◆腎兪(jin-yu)

ウエストのくびれた部分に両手を持っていき、親指が筋肉の盛り上がりに触れたところです。背骨からは指3本分離れた場所でホルモンやエイジングケアで有名なツボです。

気の流れが滞りその結果として血が滞る ストレスタイプ。
 ◆内関(naikan)

手首にあるツボで、親指を入れて他の指で握り(グーの形)手前に倒すと腱が2本浮き出てきます。 そのライン上で手首から指3本分のところにあります。 親指をツボにあてて他の4本で手首を掴み振ると効果的です。

気の流れが滞りその結果として血が滞る ストレスタイプ。
 ◆太衝(taishou)

足の親指と人差し指の骨の間を足の甲へ上がっていった行き止まりが太衝です。
気の巡りを良くし、ストレス緩和によく使うツボです。頭痛の治療にもよく使います。

気血が不足しエネルギー不足タイプ
 ◆足三里(ashisanri)

目鼻の不快な症状を緩和するツボです。
目のかゆみ・鼻水・鼻詰まり対策に覚えておいてください。
膝を立てて、膝のお皿の下の部分にくぼみが2つあります。そのくぼみから指4本分下が足三里です。
足にあるツボですが長寿のツボ・万病に効くツボとして知られていて、胃腸の調子を整えるのにも効果的です!

気血が不足しエネルギー不足タイプ
 ◆合谷(goukoku)

頭痛や肩こり・風邪・風邪・花粉症など様々な症状に効果があるといわれています。
手の親指と人差し指の間にあり、やや人差し指寄りです。 親指で5~10秒ゆっくり押して離すを5セット行いましょう。リラックスしている時に行うとより効果的です☆