耳鳴り

耳鳴りは、本来無いはずの音が聞こえたり、静かなところでより一層強く感じられたり、周囲の理解も得られにくい辛い症状です。夜に十分休むことができず、不眠症になることもあります。




耳鳴りとは?

耳鳴りとは、音がしていないにも関わらず、耳に感じられる音のことを言います。一般的に難聴と同時に現れることが多く、聴覚異常や聴力低下も見られることがあります。耳鳴りの原因は、突発性難聴やメニエール病、中耳炎、高血圧症、自律神経失調症、薬の副作用によるものなど様々です。突発性難聴やメニエール病のような耳の疾患の場合、めまいや難聴を伴うことが多く、早期の診断が望まれます。

中医学で考える耳鳴り

中医学において、「腎(じん)は耳に開竅する」とされ、耳は五臓のうちの「腎」と密接な関係にあります。腎は、精(生命エネルギー)を蔵して発育・成長・老化を司り、その良し悪しが耳に反映するとされています。そのため、加齢に伴い精が減ると、耳鳴りになりやすくなります。




突発的に起こる耳鳴りでは、五臓のうちの「肝」と深い関係があります。精神的緊張や強いストレス、怒りなどにより肝気がスムーズに流れなくなると、頭や顔面部に炎症が生じ、耳鳴りが起こります。耳鳴りは突発的に始まり、音は大きく、ストレスを感じると悪化するのが特徴です。
耳鳴りにはその他にも、風邪の症状として生じるものや、暴飲暴食など飲食の不摂生によるものなどが考えられます。

耳鳴りの鍼灸治療

鍼灸治療では、耳に関係する臓腑の働きや耳に絡んでいる経絡の流れを整えていきます。耳鳴りが起きている耳の周りには、重要はツボが多くあり、それらを刺激することで局所の血流改善をはかります。また、鍼灸治療のツボの選び方には選穴原則があり、その内の一つが「遠端選穴」です。病変部位から離れた場所にツボを取ることです。耳の症状の場合は、代表的なものに手の中渚穴や、足の侠渓穴、腰部の腎兪穴などがあります。経絡を通じて、耳と手足の上下を疎通させ、耳の症状にアプローチする方法で、局所と遠位部での鍼刺激を組み合わせることで効果を強めます。

耳鳴りで使う代表的なツボ
局所穴:耳門(じもん)、聴宮(ちょうきゅう)、聴会(ちょうえ)、翳風(えいふう)など。
遠端選穴:中渚(ちゅうしょ)、外関(がいかん)、侠渓(きょうけい)、後渓(こうけい)など。



タイプ別鍼灸治療

風熱(ふうねつ)
熱風邪などにより炎症が起こり、頭部を犯して耳鳴りが起きるタイプ。
随伴症状:耳の痛み、中耳炎、発熱、頭痛、喉の痛み など。
おすすめのツボ:風池(ふうち)曲池(きょくち)など。

肝火上炎(かんかじょうえん)
精神的ストレスにより耳鳴りが起きるタイプ。
情緒の変化で悪化し、雷や鐘の音のような耳鳴りを伴うことがある。
随伴症状:赤ら顔、目の充血、イライラ、怒りやすい、口が苦い、便秘 など。
おすすめのツボ:風池(ふうち)行間(こうかん)など。

痰湿(たんしつ)
暴飲暴食などによる胃腸の不調で頭部の水分代謝が停滞して耳鳴りが起きるタイプ。耳の詰りや閉塞感などを伴う。
随伴症状:頭帽感、頭重感、むくみ、めまい、胸苦しく胃がつかえる、軟便、むくみ など。
おすすめのツボ:豊隆(ほうりゅう)陰陵泉(いんりょうせん)など。

気血不足(きけつぶそく)
気(エネルギー)や血が不足することにより、頭部の栄養状態が悪くなり、耳鳴りが起きるタイプ。疲れると悪化する。
随伴症状:疲労倦怠感、胃腸虚弱、食欲不振、便秘または下痢、顔色が白い、不眠、動悸、貧血など。
おすすめのツボ:足三里(あしさんり)合谷(ごうこく)など。

腎精不足(じんせいぶそく)
加齢により脳髄が衰え、耳鳴りが起きるタイプ。夕方以降に悪化しやすく、蝉のような耳鳴りをすることが多い。
随伴症状:聴力の低下、足腰がだるい、物忘れをする、お小水トラブル など。
おすすめのツボ:腎兪(じんゆ)太溪(たいけい)など。



 ※暮らしのアドバイス

耳や頭のマッサージをしましょう
過労や過度のストレスを避けましょう
定期的に適度な運動やストレッチをしましょう
塩分や水分を摂り過ぎないようにしましょう
睡眠時間をしっかり確保しましょう